みかん ミカン いしじ はるみ デコポン 柑橘 通販【送料無料】「濃い味一番 !!」 佐木島 ギフト 訳あり 予約申込み☎ 080-6340-3040
ホーム私たちのめざすもの

 

          

    平成23年10月22日 NHKスペシャル「食の安全を取り戻せ」の中で、大船渡の八木さんの発言 「消費者も生産者も 共に喜ぶ持続可能な適正価格」の言葉に、思わず「私も同感で――す。」と叫んでしまいました。  

  八木さんは、よそから大船渡に移ってきて、おいしい魚が獲れる大船渡なのに漁師さんが漁業では生活できないので止めていってると聞いた。そこで八木さんが、魚をネットで直接販売するようになって、漁師さんが止めなくてよくなった。漁業を続けていける「持続可能な適正価格」で販売できるようになったからということだった。 しかも、この方法は、生産者が喜ぶだけでなく、消費者にとっても生産者の顔が見えて情報も共有でき、安心して安全なものを手に入れる方法として喜ばれている。と。

  [元気さぎしま物産部会設立の経緯と

                               私たちがめざすもの]

≪持続可能な適正価格≫ 

   私(奥野)は、佐木島に10年前に定住しました。 佐木島では、本当においしいみかんが生産されているのに、買いとり価格がとても安いのには驚きました。このままでは、高齢化する生産者の「おいしいみかんをつくるノウハウ」を受け継ぐ後継者は生まれないし、あと10年位で佐木島のみかん生産は消滅してしまうのではと危惧しました。まさに持続可能な適正価格がなくては、みかん生産は継続できない・・・。と。

≪元気さぎしま物産部会の設立≫

  さぎしまの人たちは、何事にも一生懸命で、惜しみなく汗をかいて良いものを作ります。何とか、流した汗に見合う、努力して作ったみかんのおいしさに見合う価格で販売できないものかとの思いから、生産農家と話合い3年前に「元気さぎしま物産部会」が始まりました。

≪ひろしま夢ぷらざの大下店長 「こんなおいしいみかんは初めてじゃ」≫・・・・・直販のよろこび

   初めて広島市中心部の「ひろしま夢ぷらざ」に出店したときのことです。いきなり大下店長さんから「こんなおいしいみかんは初めてじゃ」と言っていただき、それ以来、出店のたびごとに店長も店員も「売切れないうちに」と言って買ってくださいます。 直接販売で消費者と接することで、顔の見える販売の喜びを感じることができ、この喜びが、「又、おいしいみかんをつくろう」の活力になっています。

≪通信販売≫・・・・・・口コミの連鎖

  少し自信がついて、2年前から通信販売を始めました。8割の方がリピーターになっていただき、口コミもしてもらっています。「さぎしまみかん」のおいしさをより多くの方に届けたいと、今年からネット販売も始めました。

 「さぎしまみかん」のブランドで販売を始めて3年、持続可能な適正価格と思って、あまり高くはない毎年同じ価格で販売しています。もちろん、激安ではありませんし、もうけ主義でもない価格で、お客さんからとっても喜んでもらっています。  

≪みかん箱の思い≫

    

    製作したみかん箱は、見栄えのしない茶箱です。経費を抑えたこともありますが、生産者の「見栄えよりも中身のおいしさで」の意気込みなのです。  

   箱の表には、鷺の鳥のマーク「濃い味一番 さぎしまみかん」「喜びつながる さぎしまみかん」の文字を入れました。 

 1つ目は、しっかりした味のおいしいみかんを作ってお届けしますという決意、

 2つ目は、さぎしまみかんを食べていただいたみなさんに笑顔が生まれ、「おいしいよ」の声が隣に広がり、生産者も共に喜びあえる幸せの輪が広がることを願っている私たち「元気さぎしま物産部会」の意志を表しました。 

  是非、一度、ご賞味ください。